週報(2020/03/30~2020/04/05)

3/30

仕事に復帰したときに一番困りそうなのは料理だと思っている。
今まではなんとなく今日食べるものを買い物して料理していたのだけど、そのやり方だといつか回らなくなるだろう。
常備菜を作り置きしておくようにしてみたい。そういう生活に憧れていたのだ。

ひとまず本を買った。流れに沿って作れば3品作れるらしい。

30分で3品! 作りおき野菜おかず231

30分で3品! 作りおき野菜おかず231

今日はかぼちゃのサラダ、なすのめんつゆ漬け、ブロッコリー炒めを作った。週に1回は作るようにしたい。

3/31

YouTubeばかり見ている。
有名なYouTuberを改めて見てみようと思い、いくつか見てみるとクイズYouTuberのQuizKnockが面白くてたくさん見てしまった。

最近色々一周して、マスで評価されているのはやっぱり面白いなと思うようになってきた。
なのでYouTuberも見るしヒゲダンも聞くのだ。

4/1

YouTubeばっかり見ていてまずいし読書も飽きちゃうので、コードを触る。
会社はMacだが家のMacは壊れてしまったので、Windowsで開発してみたかった。
VS CodeとWSLを連携させてみたら、わーこれめっちゃ便利やん。きっとDockerとかのコンテナ周りもいい感じに連携してくれるんでしょうこれ。

というのをまとめた。初めてQiitaにエントリを書いた。
qiita.com

noteもそうだけど、何か書くプラットフォームが思想を持つのは好きではないので書いて来なかった。ただ、むだなものを作るためのメモでもないのでちょうど良さそう、ということで書いてみた。
プレビューがすぐ見られて便利ですね。はてなブログもこうなればいいのにな。

子どもを抱っこしながらスクワットをすると泣きやむ気がする。これがおれのリングフィットアドベンチャーだ。

4/2

子の1ヶ月検診へ行く。もう4000グラムになっていた。巨漢待ったなしでは。

この情勢なのでお宮参りの予定はキャンセルすることにした。母は残念がっていたが仕方ない。

それにしてもお湯ばかり沸かしている。
粉ミルクを作る、搾乳を温める、湯上がりの掛け湯を作る、煮沸する、麦茶を作る。
1日に10回以上はやかんを火に掛けている。
お湯を沸かすだけで1日が終わりそうだ。

4/3

ベビーバスを卒業して一緒に風呂に入ることにしたが手順が分からずパニックになる。

デイリーのスライドショーをZoomで見る企画にガヤで参加した。
久しぶりに家族以外と会話したのでだいぶリフレッシュ。

4/4

会社に無理やり行って仕事する夢を見る。しかも夢の中でバグを生んでいた。
もうしばらく仕事はよそう。

今日は子どもを見る以外に本当に何もしていなかった気がする。

4/5

子どもが産まれてちょうど1ヶ月経った。
お宮参りには行かないことにしたので家で写真を撮る。
口の周りを拭くと反射で笑ったような顔になることを最近発見したので、過剰に口を拭いている。

PCに向き合うほどのまとまった時間が取れなかったので、「Spring徹底入門」を読むことにした。

先週読んだ本はただ動かすならいいのだけど、こちらは色々詳しく書いてある。
詳しさが極端なので、中間くらいの本が欲しい。

週報(2020/03/24~2020/03/29)

育休をGW明けまで取ることになった。せっかくなので日記を付けておきたい。
完全に自分用の記録だけど、まぁ日記ってそういうものかと思って書くことにした。

3/24

昼にコープのミールキットを食べる。ビビンバ丼だった。
作り方を見たら、ご飯を用意して具を混ぜるだけとある。ミールキットの中でも最上級にラクなやつだなこれ。

そのあと晩ご飯を義実家へ取りに行く。子どもが産まれてから、おばあちゃんが気合いを入れてよく作ってくれる。
義母が去年亡くなって大きな痛手なのだけれど、義実家は協力的なのでありがたい。

ご飯を取りに行くついでにおばあちゃんが赤坂の料亭に勤めていたときの話を聞く。面白いのだけど無限に同じ話をするので、たぶんこのエピソードは30回目くらいだな、と心の中で思いながら聞く。

曜日の感覚がなくなりそうなので、過ごし方をなんとかしたいな。
子どもはよく泣くようになった。

3/25

ジャパネットで買ったダイソンのスタンドを組み立てる。でかい。
組み立てたら什器みたいなスタンドだったので、和室の一部が家電量販店のようになった。

部屋の片付けをしてカレーを作ったら1日が終わった。

3/26

部屋の片付けをだらだらしてしまっているのでえいやで終わらせる。今の家に越してきてからそのままの魔境をきれいに出来たので満足。

そのあと出産祝いのお返しをネットで選ぶ。
定番のお菓子は箱に入っている数が多すぎやしないか。18枚入りのクッキーを親戚夫婦に送るのを躊躇する。
5枚入りでめちゃめちゃ高級なクッキーとかが欲しい。金箔まみれになるのだろうか。それはそれでイヤだな。

3/27

仕事から完全に切り離されるのもイヤなので、初めてのSpring Bootを読み直している。とりあえず動かしてみるにはいい本。


読み直していたら力尽きたので、すき家でテイクアウトすることにした。
店には持ち帰りの注文用の端末があって、そこでレシートを出して店員に渡すようになっていて便利。ゼンショー、やはりすごい。
テイクアウトの袋がマックみたいにかっこよくてテンションが上がった。

3/28

曜日の感覚がなくなるが、王様のブランチがやっていることに気付いて土曜日だと思い出す。
ブランチは全く頭が働いてなくても見られる素晴らしい番組だ。ミルクボーイのネタになるのも時間の問題だろう。

焼きそばが1人前だけ余ったのでそばめしにして、パクパク食べる。

3/29

プライムビデオのジェームズ・メイの日本探訪が面白くて一気に見た。
パチンコの三店方式を紹介していたのが見どころだ。
https://www.amazon.co.jp/dp/B0856RJRP9

キーボードのチルトスタンドを立てて使う行為、意味がないことを知る。マジか…。

2019年の振り返り

年イチしか更新しないブログです。今年も色々作ったぞ。

デイリーポータルZ

1月

dailyportalz.jp

Hack Day 2018で作ったもの。写真を撮るとタイムラプス風に建築してくれる。
タイムラプスという見せ方って実は捏造したら面白いよなというところに気付けたのが良かった。

2月

dailyportalz.jp

今年のヒットはこれだ!シンプルにむだなものが作れてよかった。
こういう分類・推定系のものって機械学習を使わないのかというコメントがつくのだけど、個人的には使わないようにしている。
機械学習はなんでも抽象化して数学の問題として解けるというのが面白さだとは思うのだけど、それよりもルールを見出して無理やり当てはめる作業が面白く感じる。
ピーナッツ味の画像をたくさん用意して機械に食わせるよりも、ピーナッツの形によって球にならないからそれを使おうみたいなのを考える方がすきなのだ。

3月

dailyportalz.jp

大手まんぢゅう最高!という記事。みんな買おう。
食べ比べってデイリーでは定番ネタだけど、今までやったことがなかったので新鮮だった。

4月

dailyportalz.jp

長年の夢が実現出来た。新卒のころに思いついたのだけど当時は作れなかったので、技術力と知識の向上を実感した。本職の仕事で実感した方がいいなそれ。
これについてはまだ続きのネタがあるので、来年はどこかでやりたい。

5月

dailyportalz.jp

テレビ的な演出って面白いなと思うようになってきて取り入れた記事。
記事に載せるのにロッキード事件の議事録を調べたのだけど、ほんと読むだけで面白い。昭和の政治事件ってインパクトがでかい。

6月

dailyportalz.jp

今年一番反響があったのがこれ。Facebookで2800シェアされているらしいが、どこでシェアされているんだ。誰か知ってたら教えてください。
突然最終日に押しかけたのに話をしてくれた運営の方、感謝です。やっぱつくばはいいなー。

7月

dailyportalz.jp

初めてちゃんとインタビュー形式をやった。今年は記事の形式の幅が広くなった。
インタビュー、すごい難しい。いい経験になりました。

8月

dailyportalz.jp

これも結構ヒット。わかりやすくて良い。
思いついて3日くらいで出来たのでそれも良かった。
イカーフェアでたくさんの人に遊んでもらえた。メイカーフェアの僕の目標は「興味ないけど連れてこられた人から笑いを取る」なので、これはとてもうまくいった。

9月

dailyportalz.jp

ゆで太郎巡り、単純に楽しかった。こういうのまたやりたい。
地味に最初に出てくるそれぞれの一号店の写真を撮るためだけに休みの日に東京に出てきたりして、そういうのが大変だった。

10月

dailyportalz.jp

花マン!念願の花マンになった!!
トルーファンなので、トルーさんの記事のカバーが出来たのはとてもうれしい。

dailyportalz.jp

今年で5回目のABProの記事。ほんとにサイコーのイベント。一生参加したい。

11月

dailyportalz.jp

ずっと温めていて、やれるタイミングを伺っていたネタ。ついに出来た。
なんなら高校生時代から気になっていたから、温め期間としては相当なものだ。
宝塚の人からの反響が多かった。当然か。

12月

dailyportalz.jp

こちらもインタビュー記事。今までで一番共感された記事だった。
インタビューはやっぱり難しい!

テレビに出た

thetv.jp

TBSのバナナサンドという番組に出た。デイリーで書いた、黒ひげを危機から救う装置デスロールするワニを出しました。
失敗出来ないからほんとにプレッシャーがすごい。無事に動いて良かった。あとウケたのも。
こういうの経験しておくと、壊れないようにする策を色々考えるようになるのでありがたい。

ジャパネットの振り返り

ここからは僕と関係なく、ジャパネットたかたの振り返りである。
最近デイリーポータルZでジャパネット愛について語ってしまったイベントもあって、熱の高まりを感じている(僕だけ)。
dailyportalz.jp

今年はテレビMCからラジオMCへの大量移籍やBS参入発表などデカい事件がたくさんありましたが、なんといっても25周年記念25時間生放送でしょう。
高田明復活もあったし、MC吉満さん結婚報告はあったし(めでたい)、MC丸尾さん産休報告もあったが(さびしい)、とにかくMC本多さんの復活がうれしい。

これもう泣くしかないでしょ。本当にやばい。2019年で最大のニュースはこれです。
むかしは女性MCといえばほぼ本多さんしかいない時代があって、今の女性MCの始祖みたいな存在だったから女性MC=本多さんの図式がずっと頭にあった。
これからもずっと追っていきたい。

ひとまずこれだけ言っといて全然ジャパネットで買い物をしていないので、そろそろ買わないとまずい。スチームQ買おうかな…。

2018年の振り返り

去年の振り返りは2017年12月31日の23時57分に上げるというぎりぎり具合だったので、今年は気をつけとこ!と思っていたのにまたぎりぎりである。
今年作ったことやらの振り返りです。

デイリーポータルZ

1月

dailyportalz.jp

6年くらい前に海外旅行したときから気になっていたお土産について書いた。
これほんとに出国ゲートの先でしか見かけなくて気になりすぎる。メーカーとかに話聞いた方がいいのだろうか。

dailyportalz.jp

1月の2本目。タイトルもアプリの出来もかなり気に入っている。
初めてUnityを触って作った。見よう見まねでやったので、本当はちゃんとUnity勉強したい…。
いつも記事を書くときにさらっとやりがちなので、1ページ目の茶番みたいなやつはたまにやりたいなと思っている。

2月

スケジュールの因果によりなし!

3月

dailyportalz.jp


黒ひげ危機一発に続いておもちゃを改造するシリーズが出来た。
最初は手を噛もうとするとするとつっかえ棒みたいなのが出てきて噛まれない、というのを考えていたのだけど、企画会議でデスロールというのがあるのを教えてもらってそれを搭載することにした。
ライターの伊藤健史さんに教えていただいたのだけど、伊藤さんは会議でいつも常人には思いつかない案をバンバン出しているので本当にすごい。一言一句メモした方がいいかもしれない。

4月

dailyportalz.jp

会社の仲の良い先輩から実は買えるんだよということを教えてもらって書いた記事。
企画会議で提案したら、マジで1秒で「買いましょう!」って快諾が来て感動した。
ただ土台が金属なので捨てるのも面倒なため、部屋の隅で眠っている。誰か買い取ってくれないか。

5月

結婚式の準備で多忙のためおやすみをいただく。ありがとうございます…!

6月

dailyportalz.jp

ということでその結婚式二次会の様子を億面もなく記事にした。
これはほんと最高でした。妻サイドの友人にも楽しんでもらえたのがなにより。
何しろ自分について書いた記事なので、何度か読み返してはいいなと思っている。自己満足の塊のような記事だ。

7月

dailyportalz.jp

今年の記事から1本選ぶとしたらコレだ。タイトル下の画像がとにかく気に入っている。
「猛反発まくら」という単語自体は前から見かけていたので、動きはしっかりさせないと言葉に負けてしまうのではと思っていたが、いい具合に作ることが出来たと思う。
猛反発という動きをどうやって作るかについて1週間くらい考えたのは良かった。

8月

dailyportalz.jp

見に行ったぞという記事。いやー泊まりたかった…。

9月

dailyportalz.jp

もう4回くらい見に行っている、ABProのレポート記事。
今年も最高だった。余談だが何年も参加していると学生のみんながどんどん卒業していったりしていて、親戚のおじさん状態に勝手になっている。

ところで僕の発表は削っているのだけど、こんな感じのものを出した。
ハイコンテキストなので特に記事にはしないつもりだが、JoyConをハックしてNode.jsからセンサ情報を取り出せたりしているので、この仕組みはどこかで使いたい。
www.youtube.com

10月

dailyportalz.jp

タイトルそのままの記事。成田のカフェまで行ったり、毎日ご飯を詰め替えたりメニューを作ったりと色々と手数を出せて良かった。
工作じゃないけど工作っぽい記事、結構楽しいことに気づいた。

11月

dailyportalz.jp

調査アンド自作!ということでこれも色々と出来て満足している記事。
こういう日常のスキマに潜むツッコミどころ、去年だとこの記事↓とかがうまく取り上げることが出来たので、今後も見つけていきたいところ。
コンビニのご飯が香りすぎている :: デイリーポータルZ

12月

dailyportalz.jp

ネット文化を取り上げるのは個人的にはあまりやらない方がいいかなと思っているのだけど、CAPTCHAくらいだとみんな知っているかなということでやってみた。
工作記事界隈だとソフトもハードもほどほどにやる枠はまだ空いている気がしているので、ソフトだけで何か作るというのもやっておきたいところだ。

電ファミニコゲーマー

news.denfaminicogamer.jp

Nintendo Laboが出てすぐに4つくらい作って記事にするという勢いがすごい記事。
今年はとにかくJoyCon最高という年だった。来年はいち道具としてしっかり使えるようにしておきたい。

とうぶん

これは先日記事にした。動画フォーマットはやりやすくていいな…。
stamefusa.hateblo.jp

まとめ

今年はこの辺りが使えるようになった。

  • PhotoShop/Illustrator
    • 画像加工くらいだけど、なんとなく使い方がわかるようになってきた。もうちょっと勉強したい。
  • ステッピングモータ
    • ただライブラリを使ってみたくらいだけど、どういう用途で使えるのかわかっただけでも収穫。
  • Unity
    • 触っただけだけどひとまず何者かくらいはわかるようになった。もうちょっと勉強したい。

去年よりも工作系の記事は少なくなったかな…と思っている。
本業がちょっとパッとしなくて、家に帰ってから何か作るという気にあまりならなくて良くない。本業の方はぼんやりしているとあと1年半くらいはパッとしなさそうなのでなんとかしないといけない。

来年はもっとインプットを増やさないと…。アウトプットはまぁ、なんとかなるだろう。
ひとまず今年もありがとうございました!むだなものは継続的に作っていきたいのでよろしくお願いいたします!

花占いの結果を絶対に好きにする装置を作った

「無駄づくり」の藤原麻里菜さんの動画コーナーで出まして、こんなものを作った。

花占いで「嫌い」で終わってしまったときに、中からもう1枚花びらが出てきて「好き」で終われる装置だ。
今まで作ってきたものの中でも割としっかり作ったので、備忘録として残しておきたい。

先ほど貼った動画を見てもらえればわかるが、花びらが下から上がってくるようになっている。
直動機構を一度はちゃんと作ってみたかったので、いい機会になった。

駆動部分にはステッピングモータを使っている。ステッピングモータも一度は使ってみたかったのだ。
秋月で売っているSM-42BYG011を使った。
akizukidenshi.com
また、Arduinoとつないでモータを制御するのに下記のモータドライバキットを使った。これが定番らしい。
このL6470を使ったモータドライバキットは秋月版とストロベリーリナックス版があるらしく、ピン番号が異なっているので注意しないといけない。
説明書をしっかり確認して配線しましょう。
akizukidenshi.com

f:id:stamefusa:20181229012514j:plain
Arduinoとの配線はこんな感じ。雑です。

で、本体の機構は送りねじで直動させることにした。
ステッピングモータとΦ3のネジをカップリングでつないで、タミヤのユニバーサルアームで囲ったりタミヤのシャフトでガイドを付けたりしてみた。

f:id:stamefusa:20181229012541j:plain
全景はこんな。
f:id:stamefusa:20181229012704j:plain
寄ったところ。
f:id:stamefusa:20181229012719j:plain
裏側のようす。

機構が思った通り動くと気分がいいですね。
余談だけど、Maker Faireで隣になったタミヤブース(デイリーポータルZブースでヘボコンをやるのでタミヤが毎回隣に来る)の方から、この人毎回ユニバーサルアームめっちゃ使ってるんだよという紹介をしてもらった。工作記事とかで雑に作り始めるから、位置合わせしやすくてめちゃめちゃ使っちゃうんです・・・。

Arduinoのコードはこんな感じになった。
github.com

READMEにも書いているけど、L6470をArduinoで簡単に動かすライブラリを作っている方がいて、それを使わせてもらった。
これすごい便利、みんな使っているのも納得だ。
spinelify.blog.fc2.com

花びらを全部ちぎったら所定の時間だけステッピングモータを回転させて、別に用意したスイッチを押すと元の場所に戻るというコードになっている。
原点に移動する、みたいな処理も1つの関数にまとめてくれているので大変ありがたい。

花びらを全部ちぎったら、と書いたが、どうやってセンシングするかはちょっと悩んだ。原理的には単にスイッチをオンオフするのが読み取れればいいのだけど、花びらをちぎるという動作でスイッチの接点がばらばらに分かれてしまうからだ。
結局本体にアルミテープを巻いた板を6箇所配置して、花びらを輪ゴムで留めるという方式にした。花びらの裏にもアルミテープを巻いていて、ちぎる前は導通している。で、ちぎったら導通しなくなるのでそれを読み取るという作り。ちぎってる感を出せたので良かった。

f:id:stamefusa:20181229014235j:plain
花びらを留める前。
f:id:stamefusa:20181229014255j:plain
花びらを留めるとこうなる。100均は造花のバリエーションが多くて驚いた。

中の機構が見えないように、大きめの花びらの造花を選んだら収まりが良くなった。
やりたいことは全部出来たので結構満足している。けど、動画でも言われているが動きがすごい遅い。それはそれで面白いけど、送りねじじゃなくてプーリとタイミングベルトでやった方が素早く動かせるからいいなー。次からはそうしよう。


最近デイリーポータルZとかで工作記事を書くときに、工程を細かく説明するのは野暮というかボケを解説しているみたいに感じてしまってあまり細かく書かないようにしている。
このブログは元々僕の技術ネタを書きたいなと思って始めた場でもあるので、細かい話はこっちにちゃんとまとめていきたいな・・・。
ということで、だらだらと書いてみました。

とんちタイガーのプライバシーポリシー

Androidアプリ「とんちタイガー」は下記の権限を要求します。

  • android.permission.CAMERA
    • ユーザのカメラを用い、スクリーンに映像を映すために利用します。

結婚式のウェルカムボードを光らせた

先日結婚式を挙げた。雨男なので心配だったが、当日はぎりぎり曇りで助かった(二次会はめちゃくちゃ雨に降られたけど) 。

で、当日までに色々準備をしたわけだけども、ウェルカムボードというのがあるじゃないですか。受付に置いてあるやつ。
せっかくならあれを一工夫してやりたいな~と思った結果、ラズパイとarduinoを内蔵したやつが生まれたので概要を残しておきたい。

まずは動作の様子を見てほしい。

写真のスライドショーを常時流すようにした。それとは別にケーキに入刀すると文字のところが光る。
来てくれた人が体験出来るといいかなと思って、インタラクティブ性を持たせることにした。まぁ、入刀すると光るだけなのだけど…。


スライドショーはラズパイで流している。ちょっと前にラズパイ用の液晶画面の決定版みたいなのが紹介されていたので、それを使っている。
液晶については下記のエントリを見てほしい。これ最高なんでラズパイ使ってる人は買って損はないと思う。

karaage.hatenadiary.jp


また、動画はラズパイの電源を入れたら自動で流れるようにした。やり方は下記エントリを参考にすると良い。

nomolk.hatenablog.com


当日は僕がウェルカムボードをさわることが出来ないので、なるべくメンテフリーにする必要があった。なので、ラズパイの電源を入れる(=コンセントを挿す)だけで動画が流れる仕組みが簡単に出来たのはかなり安心感があった。


次は光る方の仕組みだ。
スイッチサイエンスで売っているテープLEDをAdafruitのNeoPixel Libraryというarduinoライブラリで光らせている。このライブラリ、めちゃめちゃ便利だ。

www.switch-science.com

github.com

光らせ方はadafruitのサンプルをちょっと変えただけになったけど、派手に光ってすごいことをしてる風に見えたためこれでいいか…となった。
ほんとはラズパイのスライドショーと連動したりするのを考えたのだけど、他にも色々準備しないといけなかったので妥協した。

LEDの上にクッキングシートをかぶせたら、提灯みたいに明かりが透けていい感じになったのでマネしてほしい。


ケーキの方は単にスイッチになっている。
スイッチは100均で売っているLED付きの大きいものを使った。披露宴・二次会とかなり押されることが予想されたので、スイッチは自作でなく製品を使う選択をした。100均といえどもその辺は安心だった。

minkara.carview.co.jp
※写真を撮り忘れたので他の方のブログから引用。「ダイソー プッシュライト」で検索したら出てくるやつ。

このスイッチはずっと使ってみたくて、ようやく使えて良かった。バラすのも簡単だし単にスイッチとして使うのなら結構いい選択だと思う。
手でばーんと押すような状況があったら、千石で大きめのボタンスイッチを買うよりいいと思う。
持ち運びのときはスイッチを外したのだけど、極性がないので線とコネクタをつないでください、とお願いするだけで良かったのも運用面で助かった。


そうそう、板はMDF材をダイソーで買ってレーザーカッターでカットした。ダイソーは大きめの店舗へ行くとMDF材のサイズが豊富でうれしい。
740*500mmの穴を空けるとラズパイの液晶画面がぴったり来る。

f:id:stamefusa:20180423205423j:plain
レーザーカッターが会社にあってラッキーだった図。


そんなこんなで出来たウェルカムボードは結構な人に体験してもらえたようだ。
終わったあとの紙粘土のケーキがだいぶへこんでいた。

起動しやすい・壊れにくい・バラしやすいという、Maker Faireなどで培われた僕の運用ノウハウが詰まったウェルカムボードが出来て満足している。
あと光るのは派手にやっとけばかっこよくなるので良い。あまり光り物に手を出してないのだけど、いい経験になった。

このあと世界初の結婚式ヘボコンを二次会で開催して、人生でもベスト3に入る勢いで盛り上がったのだけど、それは今度のデイリーポータルZの記事で。