読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arduinoで可変抵抗+LED

前回の記事で参考にした記事↓に載っていたものをそのままやってみた。
建築発明工作ゼミ2008: Arduino アナログ入出力

int val = 0;
int input_pin_number = 0; //アナログ入力ポート設定
int output_pin_number = 3; //アナログ出力ポート設定

void setup(){
  Serial.begin(9600);
}

void loop(){
  val = analogRead(input_pin_number); //アナログ入力値読取
  analogWrite(output_pin_number, val/4); //アナログ出力
  Serial.println(val, DEC); //表示
  delay(100); //100msウェイト
}

実質1行追加するだけで出来た。簡単。

外部電源を差してみた。
Arduinoの外部電源は7−12V推奨ということなので、秋月電子で購入した9V1.3AのACアダプタを使用。
電圧を測ってみたところ、Vccは4.7~4.9Vくらいだった。
電池駆動でモータを動かした場合どうなるか気になる。